誠心会の

認知症医療

認知症の検査

年をとって物忘れが増えたり、足が衰えたりすると、「年をとったせいだからしかたない」と考えて病院に行かない人が多くいます。しかし、それは認知症という病気かもしれません。認知症は、種類によっては進行を遅らせる治療があります。また、橋本病や正常圧水頭症などにより認知症となっている場合は、原因の病気を治療すると認知症の改善が期待できます。そのため、まずは原因が何なのか病院で検査することが大事です。誠心会では、神奈川病院、あさひの丘病院、よりどころメンタルクリニック横浜駅西口で認知症を調べ、治療することができます。また、これらの医療機関では認知症の精神症状の治療も可能です(後述)。

MRI
手のぬくもり

認知症の精神症状

認知症になると、さまざまな精神症状も出現します。うつ、不安、意欲低下などは多いです。また、怒りっぽくなる、攻撃的になる、夜中に徘徊するなど、介護する者にとって負担になる精神症状もあります。こうした精神症状は、本人が辛いだけでなく、ご家族や介護者にも苦痛を与え、介護うつの原因にもなります。誠心会の医療機関では、認知症の精神症状の薬物療法を行い、ご本人だけでなく家族や介護者の負担を軽くすることを目指します。

神奈川病院、あさひの丘病院には認知症の精神症状を治療するための入院病棟(認知症治療病棟)があります。ここでは、精神症状が強いため家庭や施設で対応できない方が入院し、治療を受けています。入院中は、生活機能を低下させないよう、リハビリテーションも行っています。